お部屋探しのやり方 いつから準備する?

お部屋探しをする時、いつから準備したらいいのかは、その目的や時期によっても異なりますが、一般的には入居希望日の2~3ヶ月前からがベストと言われています。中には、初めて訪れた不動産屋で最初に見た物件を気に入ってしまい、そのまま2週間後に入居というようなケースもありますが、それは稀と思っていてよいでしょう。ほとんどの場合は複数の物件を比較検討することになりますので、2ヶ月程度の期間を設けると安心してお部屋探しができるはずです。

賃貸物件が豊富に出てくるのは、特に1~3月です。進学や就職、転勤などで3月中に入居できる物件を探す方が多いため、その時期を狙って建築計画を立てている新築物件がほとんどだからです。また、中古物件にしましても3月に一番退居が増えるため、新築と合わせると豊富すぎて、どの物件にするか悩まれる方も多くいらっしゃいます。しかし、その分、お部屋探しをしているライバルが多いということですので、この時期は特に決断力が必要と言えるでしょう。その決断をするためにも、年明け頃から情報収集を始め、複数の物件を見学しておくことをおすすめします。

また、どこの物件に決めるとしても、お部屋を借りるには必要な書類がいくつかあります。収入を証明する書類や住民票等、数日で用意できるものがほとんどですが、忙しくて役所等に出向けないという方は早めに準備しておきましょう。しかし、住民票などの公的書類には有効期限が定められている場合も多いので、早めに不動産屋に確認しておくと安心でしょう。

賃貸にかかるお金

賃貸物件を借りるには、家賃だけではなく、様々な費用が発生します。荷物を運ぶために引っ越しセンターを頼む場合は、もちろんその料金がかかりますし、家具や家電を揃えるお金も必要でしょう。しかし、それ以前に物件を契約する際にかかる初期費用というものが大きいので、まずはその費用を把握しておくことが大切です。
初期費用の中で一番ウエイトを占めるのが、敷金と礼金です。敷金とは契約時に預けるお金で、退居時に補修費用や滞納家賃などを引かれて返ってきます。敷金の額は、家賃の1~3ヶ月分に設定されていることが多く、その月数によっては返ってこないこともあります。礼金とはその名のとおり、大家さんに払うお礼金のことで、返ってくることはありません。最近では礼金不要の物件も増えてきていますので、初期費用を抑えたい方はそのようなところを選ぶと良いでしょう。また、関西圏では礼金ではなく、敷引きと呼ばれます。基本的な考え方も他の地域と異なる部分がありますので、関西で賃貸物件を借りる際には、不動産屋に確認しておきましょう。
その他では、前家賃、契約月の月末までの日割家賃、火災保険料、鍵交換費用、消毒費用などがあります。これらは物件や契約日などによっても異なりますが、最大で家賃の3か月分程度をみておくと安心でしょう。
最後に、不動産屋に支払う紹介料として、仲介手数料というものがあります。仲介手数料は原則、家賃の1ヶ月分と定められていますが、最近では半月分や、不要としている不動産屋も増えてきています。

【最近お世話になった方々のリンク】
遺産相続専門家・・遺産相続や税金対策をお考えならおすすめです。信頼のある弁護士先生で、遺産相続関連分野の実績も十分です。

高級賃貸マンション情報ガイド・・部屋探しのタイミングでお世話になりました。特に情報サイトに載っていないよな物件も一緒にさがしてくれてとても心強かったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>